FC2ブログ

讃岐高松山行会ブログ(私設)

讃岐高松山行会での山行など私が参加あるいは参加予定のものを勝手に掲載します。

【岳連行事】平成31年 2/23(土)~24(日)積雪技術に関する講習会

※個人が特定しにくい写真を掲載したつもりですが、もし不都合のある方は
 myojoあてに、連絡先がわからない方は関係者を通じてご連絡ください。 
 即刻修正・削除いたします。
======================================================


香川岳連主催の積雪技術に関する講習会に講師として参加しました。

場所は例年どおり大山で行いました。
参加者は講師と受講者あわせて13人です。

【2/21】
今回はビーコンを用いた雪崩埋没者の救出+シート搬送です。
当日の講習の効果を高めるため、雪崩のに対する座学、ビーコンの扱い方、
ショベリング方法、梱包、搬送、必要なロープワークなどを事前に学習
を行いました。

平日夜間にもかかわらず、西讃と小豆島から参加がありました。


【2/23】
今回の講習会には讃高会から私とWaKSさんの2人が参加しました。

朝6時すぎに高松を出発し、9時半ごろ駐車場へ到着しました。
2週間前にスキーをしにここへ来ていましたが、そのときよりもさらに積雪が
少なくなっていました。10年ぐらい前からこの時期にここへ来ていますが、
今年は最も少雪のような気がします。

10時に開会し、下山キャンプ場へ移動しました。
初日はビーコン捜索、ショベリング、梱包の実技を行いました。

ビーコンのスイッチを入れ、捜索モードにすると皆さんの目はビーコンの画面にくぎ付け。

(ビーコン操作中)
s-01_ビーコン操作中_xlarge


2班に分かれて交互に実技を行いました。実際に自分で捜索を行うのと、
第三者の目で捜索をを見るのとでは、だいぶ感じ方が異なると思います。

ビーコンで埋没地点を見つけ、プローブを用いてピンポイントで埋没者を
探し当てなければなりません。さらにショベリングで掘出しが必要です。

ショベリングもV字コンベアベルト・メソドで短時間に行い、救命率を上げる必要があります。

(V字コンベアベルト・メソドでショベリング中)
s-02_ショベリング


掘出し後はシートで梱包し、さらに搬送となるわけですが、本日は梱包までです。




(梱包)
s-03_梱包


【2/24】
二日目は弱層テスト、梱包+搬送を行いました。

朝食の後、六合目に向けて出発です。

(六合目避難小屋を目指して出発)
s-04_6合目に向けて出発


天気は好くトレースもしっかりついているけれども登りは厳しい。
六合目の避難小屋に到着すると北壁がよく見えます。
人気の弥山尾根には数人取付いていました。

(北壁を望む)
s-05_北壁を望む

ここでは各人で弱層テストを行いました。
弱層がいくつか確認できましたが、大丈夫のようです。

(雪柱製作中)
s-06_弱層テスト2

(弱層の観察中)
s-06_弱層テスト


ここで頂上へ向かうパーティーと、梱包+搬送で元谷へ下るパーティーに分かれました。
私は元谷へ下りました。

避難小屋から東方向にしばらくトラバースして、適当な斜面で梱包用のスペースを
確保してから梱包開始です。人数が少ないため梱包用に土嚢袋を数枚使用し、
袋に雪を詰めて模擬の梱包者を作りました。

(梱包)
s-07_搬送1


ロープとスリングやカラビナを用いて搬送の準備も完了です。
事前に練習していたので、それほど手間取ることもありませんでした。

(搬送開始)
s-08_搬送開始


雪が少ないため、元谷が近づくと堰堤が雪から出ており、そこを下すのに
苦労しますが、力を合わせて乗りきります。

(搬送中)
s-09_搬送中


元谷まで下り、搬送に使用した道具をザックにしまい実技は無事終了です。

(下山開始)
s-10_搬送を終え下山開始

今年は雪が少ないながらも天候に恵まれ、事前の勉強会の成果もあり
効果的な講習になったと思います。
スポンサーサイト
  1. 2019/04/05(金) 20:20:20|
  2. 岳連行事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【高体連】平成31年 3/23(土)~24(日)冬山講習会 | ホーム | 平成30年 11/3(土)~4(日)高校新人登山大会>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sanukitakamatsu.blog.fc2.com/tb.php/114-f74856d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)